Works

世田谷K

Housing
Update: 2024.7.5

鉄骨造3階建て。1階は光を薄く反射する高耐食性メッキパネル仕上げとしている。そのために3層分の高さが分節され、ボリュームによる圧迫感が和らいでいる。

パネルの左1枚は、エキスパンドメタルで製作した門扉となっている。門扉を開くと意外に高さのあるジューンベリーの木が出迎える。建物の内部に足を踏み入れたつもりがアプローチを兼ねた中庭となっていて、緩やかにプライベート空間へと導かれる。

中庭から2階のキッチンとリビングを見上げる。壁に設置されたブラケットライトは、美術館の照明にもよく使われるERCO社のもの。遠くまで滑らかに光が広がる。

中庭からエントランスへ。エントランスの幅は1250ミリ。それに対して奥の階段は900ミリ。350ミリだけ浴室前の中庭が顔をのぞかせる。

中庭とガラスパネルで一体となった浴室は、視線を気にすることなく、毎日の入浴で露天のような開放感を味わえる。洗面台はT-form(幅1000ミリ)。鏡裏は収納になっており、一枚の鏡のまま開くようになっている。

2階のLDK。目を引くステンレスのカウンターは長さ5m。キッチンカウンターが、そのまままっすぐに伸びてダイニングテーブルになっている。段差のないステンレス1枚仕上げなので、料理から食事までをシームレスにつないで、つくる人と食べる人を分けない。シンプルな造形のベンチは、来客にフレキシブルに対応する。

LDK空間は中庭をL字に囲み、外と内が溶けあっている。ジューンベリーを見下ろすのが楽しい。降り注ぐ光や青空、緑、季節の移ろいを感じながら生活する空間となっている。

スチールプレート6ミリで製作した階段は、常温亜鉛メッキ塗装で仕上げた。この無骨なニュアンスは、1階中庭のコンクリート床のニュアンスを引き継ぎ上階へと導いている。

3階へと至る最後の6段のみは木の階段。プライベートな個室へ向かう気分へと切りけるきっかけともなっている。


  1. 竣工:2011年
  2. 用途:住宅
  3. 構造:鉄骨造
  4. 敷地面積:87.61㎡
  5. 構造設計:多田脩二建築構造設計事務所
  6. 施工:スリーエフ
  7. 設計:都留理子 小野寺博一
  8. 写真:淺川敏